資料請求はコチラ
マネジメントエキスプレス2021 for LINE vol.12

Management Express

ManagementExpressは、ヘアサロンさまのマネジメントにお役立て戴きたい経営情報として、
サロンオーナーさま及びマネージャーさまにお届けしています。

変化の先

政府が最初の緊急事態宣言を発令してから1年。三度、緊急事態宣言が発令されました。コロナウイルスとの戦いは、我々に多くの変化をもたらしました。巣ごもりをはじめとする生活様式の変化、特に外食産業も今までの営業スタイルが通用しなくなり、中食など新業態、新サービスへの導入などポジティブに変わらなければ生き残れない状況でした。

加えて、社会的には今後の仕事や収入といった将来への不安が増しておりその傾向は、性別や年代で見ると女性と中高年がより大きく影響を受けているようです。その原因は対面コミュニケーションの量や頻度が生活の満足度に直結しているということです。これは特に40代の男女で差が大きく、主に男性は仕事などでもオンライン化が普及し一般的になりつつあります。また、そのほかに企業の業績悪化による世帯年収の減収などが着実に大きな影をおとしています。

巣ごもりは消費の場でも影響し、動画配信を通じてモノ・サービスを売るライブコマースも広がり始めました。こうしたツールを使いこなす人はリアルとほぼ同等の利便性を得ているとみられます。ある調査でインターネットショッピングを利用する人は19年12月に59%だったのが、20年12月には68%に上昇しました。デジタルサービスが日常生活を下支えしている現在、ネットを使いこなし恩恵を享受している人と、使えずに取り残されている人が二極化しています。

これから先を考えますと、デジタルを使える人向けには、環境整備(人・モノ)を突き進むことはもちろんですが、そうでない方にもしっかりと寄り添い、どんなことをしていくのかを二極化させて戦略を考える必要があります。

サロン様にてお話を伺ったところ、地元集客とSNSに切り替え、某大手集客サイトを辞められるところも増えつつあります。沢山来店いただいて、その中から固定化するというより、本当にマッチングするもしくは、したい顧客と高い確率で繋がる導線を考える必要があります。滞在時間や費用対効果など、お客様側にもさまざまな情報がスマホで事前に、しかも簡単に手に入る時代です。また、コロナ禍独自の視点や、お客様が巣ごもりの反動でワクワクすることができないストレスの反動で新たなメニュー開発も続々と考えられ、SNSなどで発信されています。

本来であれば、今後10数年かかったであろう、社会の変化が、今も続くパンデミックによりこの1年でやってきたと言われ、そして、その変化は今後ますます早くなると言われています。EC購入ではなく店舗に来てくださるお客様は、これまで以上にECでは体験できない、心の繋がりを感じる素晴らしいサービスを期待しています。これはデジタル化では達成できない事でもあります。

自店のサービスがいかに付加価値を出しているかを、ますます求められる時代になっていますし、デジタルの活用と既存顧客のエンゲージメントの向上、その両輪を同時に実施していくという経営課題に向かっていかなければなりません。変化をポジティブに捉えることで生まれてくるサービスに期待がかかります。皆様いかがでしょうか?

LIST