資料請求はコチラ
マネジメントエキスプレス2020 vol.01

Management Express

ManagementExpressは、ヘアサロンさまのマネジメントにお役立て戴きたい経営情報として、
サロンオーナーさま及びマネージャーさまにお届けしています。

COVID-19による
「コロナ革命」時代

「最悪を想定した上で、最善を創造する」
コロナ革命情報のお届けに際しまして、業界関係・専門分野の方々から情報を戴きました。とても厳しい表現もあるかもしれませんが、私たちはサロンさまと「共存共栄」を目的として事業を行っておりますので、コロナ革命情報をお届させて戴くことにしました。

新型コロナウイルスの終息を願う気持ちはもちろんですが、いかにコロナと共生するのかが重要になると思います。この新型コロナウイルスが終息した場面をイメージすると、「近くの内科で即日検査をして、陽性だった場合は、抗ウイルス剤を処方してもらい、その後自宅療養し、ウイルスの抗体検査をしてOKであれば出社する」というイメージです。もちろん、症状を軽減させるためのワクチン接種が出来ることも大前提です。このような環境ができて初めて本当の終息と言うのではないでしょか。専門家の方々はこの環境ができるには約2年は必要という見解です。外出の自粛を続ければある程度感染者の増加を抑えることはできると思いますが、経済が死んでしまいます。経済を生かしながら、感染者を抑えるには、「新しい生活様式・いかに新型コロナウイルスと共生するのか」が重要になると思います。今回の新型コロナウイルスは、夏場には少し収まると予測されていますが、残念ながら冬場には、第2波・第3波がさらに強烈でかつ長期間に渡って襲ってくると予測されています。よって、今回以上にお客さまの来店数が長期間落ち込むことが予測され、このローテーションが2022年まで続く…とされています。これは最悪を想定しての予測ですが、かなりリアルだと思います。このような「最悪を想定した上で、どのように最善を創造する」のかが、これからのコロナ革命時代におけるサロン経営になるのではないでしょうか。

「今、店内オペレーションの変化を見られている」
先ず、お客さまの立場で冷静に考えてみると一番重要なことが見えてきます。それは、新型コロナウイルスが広かる前と現在と比較して、どのように店内オペレーションが変わったのかです。業種は問わず、リアル店舗の場合「顧客は、お店に行っても安全かどうか、大丈夫かどうかを確認しています」つまり、「今、どのぐらい徹底した店舗内衛生管理をしているのか」が肝心であるということです。わかりやすい例としては、パチンコ業界です。非常事態宣言中の営業継続が問題になっていますが、3密を避けることを全く考えないお店がある一方で、バックヤードで次亜塩素酸を発生させる機械を導入し、店舗内に自動拡散させる機能を持ち、座席は1席飛ばしにしてパーテーションを設置、お客さまが入れ替わる際は、店員がすぐにパチンコ台とレバー、椅子を消毒する。さらに店の入り口では、マスクと布製の手袋を無料配布する(素手でパチンコしない)など…3密を避け、徹底した衛生管理をしているお店もあります。大事なことは、業種を問わず、どのような3密対策及び衛生管理をしているのかを顧客が見ているということです。(業種を問わずに店舗と店舗を比較しています)これが顧客心理です。また、「コロナ対策をしています!」という表現を使うと、万が一コロナが発生した場合に、顧客の不信が爆発するという事例が多数報告されています。このような被害に合わないようにするために「店内衛生管理強化中」という表現を使う方がいいと思います。弊社でも、「サロンさまの衛生管理強化」をお手伝いする情報とツールを用意しておりますので、担当営業社員よりご提案させて戴きます。

「CAN(できること)から始める」
今は「パンデミック」です。パンデミック中は、自然災害とは違って助けてくれるところがありません。つまり、それぞれの会社やお店は、自力で生存するしかないということです。冬場に発生する新型コロナウイルス第2波・第3波が長期間に及ぶことを想定すると、この夏場に「いかに新しい収益構造を持つ会社やお店にしておくのか」ということが大事になります。そして、ここで重要なことは、先ず、何から始めるのかではないでしょうか。パンデミック中は、経済的に生存することが一番重要です。つまり、●MUST(やるべきこと)や●WILL(やりたいこと)ではなく、時間がない今は、●CAN(できること)から、今すぐに始めることが大事だと思います。沖縄の方言で「なんくるないさー」という言葉があります。これは「なんとかなるさー」という意味ですが、本来、「なんくるないさー」の前には「まくとぅそーけー」という言葉がついていました。「まくとぅそーけー」とは、誠のこと・正しいことをしていれば、という意味です。つまり、「まくとぅそーけー なんくるないさー」…正しいことをしていれば、なんとかなるさ!という意味になります。多くの経営者が座右の銘にされている「人事を尽くして天命を待つ」という意味と本質は同じです。コロナ問題が「コロナ革命」と言われるのは、コロナ問題によって人々のライフスタイルが激変するからです。ライフスタイルが変われば、ニーズが変わります。今まで売れなかったモノが売れるようになったり、新しいライフスタイルにフィットする新サービスによって、新たな消費が生まれたりします。「これから美容室に求めるもの」、「今、美容師さんに求めるもの」を考えながら弊社も新たな提案活動を実施して参ります。コロナ革命時代におけるサロン経営の一助になれば幸いです。また、次月はサロンさまの取り組み成功事例を中心にManagement Expressをお届けさせて戴きますので、宜しくお願い致します。新型コロナウイルスに負けないで、お仕事を懸命に続ける美容師の皆さんに、心から敬意と感謝をこめて。本当に、ありがとうございます。

LIST