資料請求はコチラ
マネジメントエキスプレス2016.11月号

Management Express

ManagementExpressは、ヘアサロンさまのマネジメントにお役立て戴きたい経営情報として、
サロンオーナーさま及びマネージャーさまに毎月お届けしています。

「 数字はウソをつかない! 」
ヘアサロンさまの業績向上の課題は何でしょうか…固定費の削減?客数アップ?変動費の削減?客単価(メニュー)のアップ?の内、どれが1番重要なのでしょうか。例えば、Ⓟ単価3000円でⓋ原価=変動費2000円の商品(Ⓜ利益1000円)をⓆ数量10個売ればⓂⓆ粗利総額10000円です。これにⒻ固定費が8000円かかっているとしたらⒼ利益は2000円です。※これをベースに考えてみます。では、固定費が何%アップすれば利益がゼロになるのかを計算します。=「 10000円÷8000円=125% 」…固定費が25%アップすれば利益はゼロになります。この利益感度分析の計算式でⓆ数量がどれだけ落ちれば利益がゼロになるかを計算すると、Ⓠ数量が20%ダウンすれば利益がゼロになることがわかります。Ⓥ変動費は10%アップすれば利益がゼロになり、Ⓟ単価は7%ダウンすると利益がゼロになります。…ここまでを見てこれらの数字が語っている通り、コスト削減より単価が下がることが1番脅威であることが明確です。ここで、Ⓟ単価(メニュー)が10%上げるとⓆ利益は何倍になるかを計算してみます。Ⓟ3300円Ⓥ原価2000円Ⓜ1300円をⓆ数量10個売るとⓂⓆ粗利総額は13000円です。Ⓕ8000円を引くとⒼ利益は5000円になります。つまり、Ⓠ単価を10%アップするとⒼ利益は2.5倍になる!ということです。カット料金4000円を4400円にすることが出来れば、その他のメニュー料金を10%だけアップさせることが出来れば、経営の中身が変わっていくという事実です。数字はウソをつかない!ヘアサロン経営も価格を上げることを決して諦めてはいけない!ということを数字が語ってくれているのではないでしょうか。


「 女性美容師さんの支持率 」
希望する美容師さまの性別は?という調査データを見ると男性美容師さま希望の3倍以上のお客さまが女性美容師さんを希望していることがわかります。(特に20代前半~40代前半)これは、お客さまの好みや女性像が細分化してきて、女性的な感性が支持されやすい時代になってきていること。女性美容師さまには察することが出来ることが男性美容師さまには分かりにくいということです。(これは女性美容師さまに聞くと明確!)お客さま視点で例を挙げると、女性美容師さまの方が気を使わなくてすむ!タイミングを見てあまり話しかけずに放っておいてくれる!…とういう、気持ち的に楽であることも重要視されているようです。女性美容師さの同性ならではの共感力に加えて、お客さまを察する察知力が大きな武器になっているということです。


「 デザイン思考(Design Thinking) 」
今、デザイン思考という考え方が重要視され始めています。このデザイン思考は、ヘアデザインをどうするのかという意味ではなく、これからのビジネスにおいて最も重要なイノベーション生み出すために必要な考え方がデザイン思考であるという意味です。デザイン思考(Design Thinking)の定義は、不明確な事に対して、情報を取得し、知識を分析し、設計や計画の分野でソリューションを選定するための方法及びプロセスを指しています。デザインする行為はデザイン思考の一部になります。最も重要な事は、デザイン的プロセスを通して、どのような問題に対してもクリエイティブなアプローチ活用して解決しようとする考え方で、デザイン会社やデザイナーだけのものではありません。デザインという言葉には大きく分けて2つの意味があります。通常グラフィックデザインやWebデザインなど多くの場面で使われるデザインの意味は、いやゆるデザイナーが行うクリエイティブな行為を指します。その一方で、デザインするという動詞の意味の中には、新しい機会を見つけるための問題解決プロセスという定義もあります。経営における問題・課題に対して少し違うプロセスで取り組むことで、今までには無かった新しいチャンスが見えてくる…こればデザイン思考が生み出す大きなメリットです。


「 デザイン思考6つのプロセス 」
デザイン思考を構成する6つのプロセスは、
1.問題の問題を見極める!…通常の問題解 決プロセスは、その解決方法に重点を置きますが、デザイン思考的プロセスは、その問 題自体が本当に取り組むべき問題であるかどうかを深く考え、最も解決すべき問題かど うかを見極めることから始める。(例:Qどうすればホームベージで集客できるのだろう か…Aそもそもホームページでの集客が最も重要なのだろうか?)

2.出来るだけ多くの 解決策を考えてみる!
…問題に対する解決策がすぐ見つかりそうな時でも、多くのアイ デアを出してみる。それにより今までに考えつかなかったチャンスが見えてくるかもし れません。

3.いくつかのアイデアを選び、研ぎ澄ます!
…2で出たアイデアの中でも新 しい機会を与えてくれそうなものを選んで、さらに改良する。どんどんテストをして精 度をアップさせる。(例:期間限定モニター)

4.最終的なアイデアに絞り込む!…最初 に考えた問題を解決し、それに加えて全く新しいチャンスを与えてくれる最終的なアイ デアを採用する。(例:Instagramでメンズ脱毛メニューをスタイリッシュに展開する)

5.ビジュアルデザインに落とし込む!…全てのアイデアが決まったら、ここで初めて視 覚的なデザインやプロトタイプの作成をスタートする。(例:期間限定メニュー・マーケ ティングストーリーづくり)

6.実行する!…今までのプロセスで決定した事項を元に、 実行する!デザイン思考が最も活躍するのは、モノづくりやクリエイティブ系の仕事だ けではありません。経営の最前線において、どのような事項にも解決すべき問題の問題 を見極め、出来るだけ多くの解決アイデアを考慮し、全く新しいビジネスチャンスを見 つけることが出来ます。

今後、様々な可能性を見出すことが出来る美容業界において、 その可能性を追求するプロセスとして、デザイン思考を活用されてはいかがでしょうか。

LIST